Home > TIPS | XMLEDITOR.NET > 文字コードを追加する方法

文字コードを追加する方法

デフォルトにない文字コードを使いたい場合、手動でconfig.xmlに追加することで対応可能です。
例としてUTF-32を追加してみます。 エディタにはXMLEDITOR.NETを使いますが、サクラエディタなどのUTF-8対応テキストエディタを使ってもかまいません。

1. config.xmlをXMLEDITOR.NETで編集するとアプリ終了時に上書きされてしまうため、一旦適当な別名(ここではconfig2.xml)にコピーします。

2. config2.xmlを開きます。

3. /Configuration/charSets/CharSetを選択しコピー&ペーストします。

scr21

4. コピーしたノードのCodePageを選択し、UTF-32に対応するコードページ 12000 を入力します。
(参考: WindowsXPで利用可能なコードページ一覧

5. 次にXmlEncodeNameを選択し、UTF-32と入力します。ここはXML宣言のencoding=で表示される名前になります。
IANA登録名を使用してください。

scr31

6. ファイルを上書き保存してエディタを閉じます。

7. 最後にconfig2.xmlをconfig.xmlにリネームして上書きします。

8. XMLEDITOR.NETを起動します。UTF-32が追加されました!

scr4

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.xmleditor.jp/blog/archives/22/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
文字コードを追加する方法 from XMLEDITOR.NET使い方など

Home > TIPS | XMLEDITOR.NET > 文字コードを追加する方法

検索
Feeds

Return to page top